薄毛の悩みを解決しよう!

髪に良いこと良くないこと

今回は薄毛にまつわる都市伝説について、いくつか検証してみましょう。

「帽子をよく被る人は薄毛になりやすい!?」
これは使う帽子にもよります。
髪や頭皮に良くない帽子とは、通気性が悪くサイズがきつめの帽子です。
通気性が悪いと頭皮に汗をかいて細菌が繁殖しやすくなりますし、サイズがきついと頭皮の毛細血管を圧迫して髪に栄養が運ばれなくなってしまうのです。
なので、帽子に限らずヘルメットをよく被る人も注意しなくてはなりません。
ファッションのひとつとしてたまに帽子を被る程度であれば問題ありませんが、薄毛を隠すために毎日のように帽子を被るのは逆効果でしょう。

「海藻類をたくさん食べれば髪が増える!?」
髪に良い栄養分が海藻類には豊富というのは事実ですが、海藻が直接発毛を促すなんてことはありません。
そもそも栄養というのは、様々な栄養素が作用し合って身体に良い影響をもたらすのであり、偏った摂取を繰り返していても意味がないのです。
薄毛対策のために食品を摂取するのであれば、海藻類に限らず様々な食品をバランスよく食べるのがいちばんです。

「朝シャンは髪によくない!?」
これについては前回説明したとおり。
髪を成長させるタイミングとして朝のシャンプーは適切ではありませんし、出かける前というのは時間に余裕がなくシャンプーのすすぎ残しなど薄毛の原因がいくつも考えられます。
シャンプーするなら朝ではなく、成長する時間帯の直前で作業時間にも余裕がある夜が最も適しています。
その方が、ノンシリコンシャンプーの効果も期待できますし、ドライヤーであまりに強い熱を髪に吹き付ける必要もありません。

朝のシャンプー

朝にシャンプーする人も少なくないと思います。
寝て起きてからお風呂に入ったり、シャンプーをするとスッキリして良いのですが、実はこれ薄毛の悩みをもっている人だけでなく健康な髪に悪影響を与えてしまうのを知っていましたか?

寝癖がついたりしてヘアスタイルが決まらないときや、清潔感を出せるからとメリットも多いのですが、どうして髪に良くないかというと色々と理由があります。
まず朝というのはあまり時間に余裕がありませんよね。
そうすると短い時間で髪を洗うことですすぎ残しがあったり、ごしごししてしまい頭皮を傷めたりといったことが起こります。

次にシャンプーをした後というのは地肌から脂分が分泌されて髪を守る庇護膜をつくるのですが、その庇護膜が出来ていないうちに外にでることで有害な紫外線を多く浴びることになってしまいます。そのためいつもより髪に負担がかかってしまうのです。

そして髪が成長するのは夜の22時から2時の間です。
この時間に副交感神経が最も活発化して、髪を成長させる成長ホルモンが大量に分泌されているのですが、夜シャンプーをせず朝にシャンプーをすることになると、その大切な時間に皮脂が毛穴をふさいで髪の毛が育つのに支障がでてしまうのです。

このように朝のシャンプーは薄毛に悩んでいる人だけなく、髪の健康のためにもあまりよくないので、出来ればシャンプーは夜に行いましょう。

女性と男性の薄毛の違い

薄毛の悩みはなにも男性だけではありません。
女性の方も薄毛に悩んでいる人が多くいます。
女性というのは男性と比べると薄毛に悩む人は少ないといわれていますが、これは男性と女性の薄毛になる原因が違うからです。

男性の場合は男性ホルモンの影響であったり、不規則な生活習慣のせいで薄毛になりやすいのですが、女性の場合はそれだけではないのです。

女性の薄毛の原因の多くは肌の老化です。
肌が老化するとシワが増えていきますよね。それと同じように頭皮というのも老化します。これにより女性でも抜け毛が増えて薄毛になっていくのです。
そのため男性ですと若いうちから薄毛の悩みを持っている人もいますが、女性はどちらかというと中高年にさしかかった段階で薄毛の悩みを持つ人が多くなっているのです。

ですから男性用育毛剤や女性用育毛剤と別れていますが女性の育毛を考えるなら、しっかりと女性用を選ぶようにしましょう。
もちろんどうして薄毛になったかということに合わせて使う必要がありますが、男性と女性の薄毛の悩みにはこのような違いがあることを知っておきましょう。

あと女性の方にはカラーリング、パーマをよくかけたりする人が多くいますが、こうしたカラーやパーマというのはもちろん髪や頭皮にダメージを与えてしまいます。してはいけないということはありませんが、もし薄毛に悩んでいるのであれば感覚を少し間を開けるようにしたり、極力頭皮や髪に負担の少ないものを選んだりする方がよいでしょう。

AGAとは?

最近コマーシャルなどでも良く聞くようになったAGA。
薄毛で悩んでいる人にも関心のある言葉ではないでしょうか。
このAGAというのは男性特有の脱毛症で、おもに30代から50代の男性に多く見られ、多くの薄毛の悩みを持っている男性がこのAGAだといいます。

AGAの薄毛に悩みを持っている人は日本では1260万人もいるといわれ、この薄毛の特徴はヘアサイクルの成長期が短くなることで、頭頂部と前頭部の薄毛になります。この原因ですが、男性ホルモンや遺伝の関係だといわれていますが、AGAの症状が出てくると脱毛が進行し、薄毛になっていくのです。

この薄毛であるAGAは年齢によって分けられます。20代から30代に発生するのが若年性脱毛症といわれ、40代から50代で発生するのが壮年性脱毛症というのですが、AFAは加齢による影響が大きく、壮年性脱毛症の方が多いのですが、最近ではストレスやライフスタイスの乱れから、若年性脱毛症も増えてきていて、若い人でも薄毛の悩みを多く持つ人がいます。

AGAになる原因ですが、ホルモンと遺伝以外にも様々な原因が考えられます。それはストレスや生活習慣です。
ストレスというのは筋肉を収縮させ、毛細血管を圧迫します。そしてその影響で毛根への栄養が不十分となり、きちんと発毛しなくなるのです。
ちなみに男性だけがAGAになるのではなく女性の薄毛の悩みを持っている人にもあります。また紹介しますが、まずはじめに薄毛の悩みを解消する簡単な方法は規則正しい生活からではないでしょうか。

円形脱毛症

薄毛とは少し違うのですが、円形脱毛症の悩みを持っている人がいます。
この円形脱毛症というのは、円形の脱毛斑が発生していく症状のことで老若男女誰もが発症する可能性のあるものです。

よくあるのが10円玉くらいの脱毛といわれてますが、頭髪だけでなく体毛やマツゲにも発症する場合もあるので円形脱毛症だと気づかない人もいるようです。ストレスが多くの原因で発症しますが、その場合は6か月程度で自然治癒しますので、もし発症したとしてもあまり深く気にしないようにしたいですね。発症したことがストレスになってひどくなる場合もああるようなので。

この円形脱毛症になると突然髪が抜けてしまうため薄毛になってしまうかもと心配になってしまうものですが、脱毛症なのかは脱毛している周辺の毛を軽くひっぱってみてください。毛が数本でも抜けたり、むくみなどが見られる場合は円形脱毛症が進行している状態と言えます。

もしこの症状がでたときの治療方法ですが、ストレスが原因であれば半年ほどで自然治癒しますのでストレス発散したり、ストレスをためないように心がけましょう。また不安な場合には皮膚科を受診しましょう。
適切な処置をうけ、さまざまなアドバイスをもらえます。この症状は健康保険が使えるので、いきなり抜けて不安というときにはこうした専門の診断を受けることも大切なことです。

脱毛器でムダ毛を処理していたとき、体の一部に円形の毛の生えていない箇所を見つけたことがあります。
そのときは対して気にしなかったのですが、今思えば円形脱毛症だったと知りました。

正しいシャンプー方法

薄毛の悩みを解決するために、薄毛用のシャンプーを前回紹介したように使う人も多いと思いますが、まずシャンプーの基本的な洗い方をしっていますか?
自分ではしっかり洗っているつもりでも、実はしっかり洗えていなくて薄毛の原因となっていることがあります。
薄毛の悩みを解決するためにも、正しいシャンプーの仕方を覚えておきましょう。

まずシャンプーというのは髪の毛の汚れを取るためです。
といっても髪の毛だけを洗うものではありません。頭皮も清潔にして髪の毛の生えてくる環境を整えるものシャンプーする目的であります。
頭皮の毛穴に詰まった汚れや脂分を落とし、頭皮の血行を良くし、そして髪の毛の汚れも落とすというのはシャンプーの主な目的です。

頭皮と髪をキレイに洗うための手順ですが、まずシャンプーで洗う前にお湯でしっかりと汚れを落とします。
お湯をつける前にブラッシングしておくと、フケや脂分が浮き出しより効果的になります。
次にシャンプーをつけるのですが、シャンプーの液体をそのままつけていませんか?シャンプーをそのままつけるより、泡立ててから髪につけるようにしましょう。理想はフワフワの泡の状態です。
シャンプーを髪につけ泡立ったら指の腹で頭皮をマッサージしながら洗いましょう。爪などを立てて洗うのは厳禁です。
ゆっくりしっかり汚れを落とすことが大切なことになります。

そして一番大切なことはしっかりとすすぎを行うことです。利尻ヘアカラーを使っている人がいましたが、キレイに洗い落とせてなくて頭皮に残っていたなんて話もありました。
シャンプー剤が頭皮に残っていると薄毛の原因だけでなくフケや痒みの原因になってしまいます。
このように正しいシャンプーの仕方を行い薄毛の悩みを解決していきましょう。

薄毛とシャンプー

なんだか髪が薄くなってきたような気がする…。
そんなあなたが薄毛になってしまった原因が分かったでしょうか?
原因が分かれば、それを改善する事から始めましょう。

そして、薄毛となっている頭皮の環境の改善をしていきましょう。
頭皮の状態を健康で髪が育ちやすい環境に戻してあげましょう。
薄毛になる前は、髪がフサフサに生えていたのですからその状態に出来るだけ戻してあげるようにしましょう。
その為には、まずはシャンプーをして頭皮を綺麗に保ちましょう。

育毛シャンプーを使って、頭皮を綺麗にして毛穴に詰まった汚れを綺麗に落とす事から始めましょう。
薬局で売られている市販のシャンプーは、刺激が強いので育毛シャンプーを使用するようにしましょう。
薄毛には、アミノ酸系のシャンプーが良いです。
そのまま市販のシャンプーを使用していると、薄毛が進行してしまうかもしれませんよ。

いくら値段の高い育毛剤を使用していても毛穴が詰まった状態であれば薬剤は浸透しません。
薄毛が気になっている方が、すぐに育毛剤や育毛スプレーなどを使用しようとする方が多いかと思いますがこれでは薄毛には効果がありません。
毛穴が詰まっている状態ですから効果が無いのも当然ですよね。

また、薄毛になっている方のほとんどが、頭皮に何らかの炎症を起こしている方が多いです。
頭皮が炎症を起こしていると、髪が育ちません。
まずはこの頭皮の炎症を治す事から始めてみる事で、薄毛対策に効果が表れるはずです。

薄毛の原因

薄毛からフサフサの髪に戻すには、まずは頭皮の環境を整えてあげなくてはなりません。
まずは髪が育つ環境を作ってあげる事が、薄毛対策には大事な事です。

昔は生えていたフサフサの髪が何故薄くなってしまったのか?
薄毛になってしまった原因は何なのか?を知りましょう。
そして、薄毛になってしまった頭皮を髪が育ちやすい環境に戻してあげましょう。
それでは、薄毛になる原因として考えられるものが何なのか?ご紹介しましょう。

【薄毛の原因】
・遺伝によるもの
・男性ホルモンの影響によるもの
・ストレスが原因
・栄養不足が原因
・ヘアケア方法の間違いが原因
・飲酒や喫煙が原因
・生活習慣の乱れが原因

上記のような事が考えられます。
薄毛の原因が遺伝であれば仕方がありませんが、生活習慣などはすぐに直す事が出来るかと思います。
ストレスなどが原因であれば、自分なりのストレス発散方法を見つける事で薄毛を予防する事が出来るかと思います。

その他に女性が薄毛になる原因についてご紹介しましょう。
それは、ヘアケア方法の間違いです。
ヘアケアをし過ぎると薄毛の原因となるんですよ。
女性は特に、パーマやカラーなどをして髪型を気にされる方が多いですよね。
このパーマやカラーなどが原因となり、薄毛の原因となっている事が多いのです。
パーマやカラーは髪が痛みやすく、そのダメージを緩和するのにヘアケアをされる方も多いでしょう。
この薬剤が原因となり、薄毛となっているのです。
また、女性に多いダイエットの要注意ですよ。
ダイエットを過ぎるのも薄毛になるので原因となるので注意をしましょう。

薄毛と日本人

現在、日本で薄毛で悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
薄毛が悩みだという方は、中年の男性だけではありません。
今では、年齢や性別を問わずに薄毛で悩んでいる方が多くなりました。
薄毛を治す為の商品やヘアサロンなどのCMや広告などを良く見かるのも、それだけ薄毛で悩んでいる方が多いという事なのでしょう。

日本人の中で薄毛で悩んでいる方は、1,400万人以上はいると言われています。
非常に多くの方が悩んでいるという事なんです。
日本人の人口の1割程度が薄毛に悩んでいるという事が分かりますよね。
この数字は、アメリカやアジアの国から比べるととても多いそうですよ。
特に男性で薄毛で悩んでいる方が多く、30代では10人に1人の方が薄毛で悩んでいるそうです。
年齢を重ねれば、その数も増え2人に1人の方が薄毛に悩んでいるそうです。

最近では、薬の開発や医療が進み薄毛になってもまたフサフサの髪に戻す事が出来るようになりました。
また薬だけでは無く、最近では育毛シャンプーや育毛ローション、スプレーなどが販売されるようになり薄毛対策をされている方も多いでしょう。
薬局に行けば、育毛や発毛の商品が多く店頭に並びどれが効果的なのか?迷ってしまう程です。
どの商品を使っても薄毛を解消できる訳では無く、人それぞれその薬が合う・合わないという事もあるでしょう。
また薬や育毛の為の商品をいくら使っていても、やはり基本的な生活習慣や食生活などが悪ければその効果が期待できないでしょう。

Categories

  • ピックアップHP